2015年4月8日 開設

このWebサイトは、作品・文献等の資料保存と博士研究の「見える化」及び記述訓練を兼ねて製作されました。​

梶谷 令 Kajitani Ryo 


2014年夏頃から活動。

今までもこれからも一生涯アーティスト・画家・作家・(現代)美術家・芸術家・表現者ではありません。

性同一障碍 Gender Identity Disorder

-略歴

-社会活動・その他

2012  非営利プロジェクト「世界画廊」運営に従事。渋谷を拠点に経済的負担無く国内外の萌芽的作家に展示機会を提供する方法を模索 (~'14年)

世界画廊コレクション展の実施に従事(第14回迄)▶ポスターデザイン事例 (PDF)

小学生から大学生を対象とした美術中心の講座制教育事業、個別指導教育の実施     (~'15)

2013  ノートテイク活動を中心とする聴覚障碍者の教育支援を巡るテイカーの配慮に関する研究 (~'17継続中)

株式会社Mankaindデザイン事業部においてweb・ロゴ・Unityを中心とするアプリケーションのインターフェイスデザイン及び開発に従事 (~'15年末)

▶ロゴデザイン事例 (PDF)

 

-教育/Education

2016  多摩美術大学大学院 美術研究科 修士課程 修了

2016  多摩美術大学大学院 美術研究科 博士課程 入学

本江邦夫 氏、中村寛 氏に師事。

2019  多摩美術大学大学院 美術研究科 博士課程 修了

博士学位請求論文(甲第75号)「展示空間における芸術活動の行方 ――ハイデッガー『芸術作品の根源』に基づく存在論的美学を手掛かりに――
Towards Further Advancement of Artistic Activity in Exhibition Spaces
: Exploring through the Ontological Aesthetics based on Heideggerʼs Der Ursprung des Kunstwerkes (The Origin of the Work of Art)

-個展/Solo Exhibition

2017  「梶谷令 個展第1回ギャルリー志門University Selection企画 Vol. 2 多摩美術大学大学院 (ギャルリー志門及び、多摩美術大学校友会 助成による)

​▶最終成果報告会のスライド資料をダウンロード 8月21日(月)~26日(土)

2019  第7回 FEI PRINT AWARD準大賞者展「梶谷令 -見守ること、贈ること- 」​​(f.e.i art gallery及び、一般社団法人日本美術家連盟 助成による)9/17-27

-グループ展/Group Exhibition

2014  大学院美術研究科-版画研究領域-修士課程1年生展「iki」 (INOAC銀座並木通りギャラリー)

第82回日本版画協会版画展 (東京都美術館)

第5回「ドローイングとは何か」展 (ギャルリー志門)

2015  大学院同期 2人展 (ガレリア・グラフィカ bis/大学院学修奨励制度 研究発表活動奨励金による)

「WALK THE LINE 線に生きる20代の作家たち」展 (ギャルリー志門/画廊企画)

Small Works 2015 グループ展 (ガレリア・グラフィカ bis/画廊企画)

第83回日本版画協会版画展

Lipton 125th Anniversary TEA WAY ART COLLECTION  (明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前)

VOL.4 U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITION (横浜赤レンガ倉庫1号館)

2016  東京五美術大学連合卒業・修了制作展  (国立新美術館)

第25回全日本アートサロン絵画大賞展 (国立新美術館、大阪市立美術館)

Line/break 版画研究領域博士前期課程修了制作展  (プロモ・アルテ プロジェクトギャラリー)
第93回春陽展 (国立新美術館)

第6回「ドローイングとは何か」展
第84回日本版画協会版画展

第1回鶴ヶ丘アートコレクション (coccinelle/大阪)
第41回大学版画展 (町田市立国際版画美術館/東京)
第19回多摩美術大学校友会小品展2016 (文房堂/神保町)

2017  TOKYO国際ミニプリント・トリエンナーレin SAPPORO―トリエンナーレ2015巡回展 (プラニスホール エスタ11階/札幌)

ArtBridge FAIR Vol.1 (PROMO-ARTE Latin American Art Gallery)

第26回全日本アートサロン絵画大賞展

別所公春まつり共催 第19回アート・フェス公募展 (三木市立堀光美術館/兵庫県)

第94回春陽展
第二回鶴ヶ丘アートコレクション (BonheurKitchen長居公園)
第1回深夜の美術展 (くるくるGlobal Hub/渋谷)  6/23~24

Views on contemporary Japanese Printmaking - Cyprus 2017 (Hambis Printmaking Musiem/キプロス)

Small Works 2017   (ガレリア・グラフィカ bis)
MONSTER Exhibition 2017 (渋谷ヒカリエ 8/ COURT/渋谷/大学院学修奨励制度 研究発表活動奨励金による)2017年7月14日-18日 11:00-20:00

MONSTER Exhibition 2017 in NY (hpgrp GALLERY/ニューヨーク/大学院学修奨励制度 研究発表活動奨励金による)2017年9月

第85回記念日本版画協会版画展30日-10月6日

SHIBUYA AWARDS 2017 in 第9回 渋谷芸術祭 (東急東京メトロ渋谷駅 駅構内 13番出口方面コンコース内 シブヤアワード特設会場)2017年11月3日~5日

オープンナガヤ大阪2017併催イベント「雑貨と展示と古本と」 (ギャラリー紬/大阪)

Challenge Art in Japan 2017 #TAMABI_HAKASE展 (駐日本国大韓民国大使館 韓国文化院) ▶抜粋資料 (PDF)

第20回多摩美術大学校友会小品展2017 12月3日(土)~ 12月9日(日)

2018  かわうそ新人賞展2018年 (銀座かわうそ画廊/東京)2月24日~3月2日

FACE展2018損保ジャパン日本興亜美術賞展 (東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館/東京)2018年2月24日(土)~3月30日(金)

CROSS OVER Vol.4 PEDDY POT・梶谷 令2人展 (Mirage Garelly Cafe/カンボジア) ▶Mirage Garelly Cafe

Cross Over Vol.5 (New Treasure Art Gallery/ヤンゴン, ミャンマー)

第95回春陽展

Cross Over Vol.6 (Instinc Singapore Art Gallery/シンガポール)

銀座夏祭り-ART FES- (STAND GINZA/80/東京)

MONSTER EXHIBITION IN 2018

第7回「ドローイングとは何か」展

第7回FEI PRINT AWARD (FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/横浜)

WALK THE LINE Part4 線に生きる作家たち」展 9月17日~9月22日

第6回東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2018 (多摩美術大学美術館/東京)2018年10月27日(土)〜12月2日(日)

第21回多摩美校友会チャリティ展2018 (光村グラフィック・ギャラリー(MGG)/東京)2018年12月10日(月)〜12月16日(日)

第39屆台北音響暨藝術展 (王朝大酒店 Sunworld Dynasty Hotel/台北)

2019  第22回岡本太郎現代芸術賞展 (川崎市岡本太郎美術館/神奈川)

多摩美術大学博士課程展2019 (多摩美術大学美術館/東京)

2019春季當代藝術沙龍展​ (台北オークションセンター/台北)

2019台北新藝術博覽會 (台北世界貿易センター3ホール/台北)

-受賞・助成/Awards,Scholarships

2014  第82回日本版画協会版画展 A部門  入選(初出品)

第5回「ドローイングとは何か」展   入選(初出品)

2015  第83回日本版画協会版画展 A部門  入選

VOL.4 U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITION 入選(初出品)
第25回全日本アートサロン絵画大賞展 入選・優秀賞 受賞(初出品)

2016  第93回春陽展 版画部          入選(初出品)

第6回「ドローイングとは何か」展    入選
第84回日本版画協会版画展 A部門     入選

ArtBridge FAIR vol.1           入選・審査員賞(熊田泰章 氏推薦)(初出品
第19回多摩美術大学校友会小品展2016 チャレンジ賞 受賞(初出品

第26回全日本アートサロン絵画大賞展  入選

2017 Ιαπωνικό Αφιέρωμα – Όψεις της Σύγχρονης Ιαπωνικής Χαρακτικής – Κύπρος 2017 (Views on contemporary Japanese Printmaking - Cyprus 2017) 採択

別所公春まつり共催第19回アート・フェス公募展 入選(初出品)
第94回春陽展 版画部             入選
池袋アートギャザリング IAG AWARDS 2017   準入選(初出品

MONSTER EXHIBITION IN 2017         入選(初出品
第10回高知国際版画トリエンナーレ展      入選(初出品

平成29年度 多摩美術大学校友会奨学生 (→助成事業等詳細)(初出品)

第85回記念 日本版画協会版画展 A部門      入選

SHIBUYA AWARDS 2017 in 第9回 渋谷芸術祭  入選(初出品

一般財団法人守谷育英会 第25回修学奨励賞    受賞(初出品)
FACE2018 損保ジャパン日本興亜美術賞      入選(初出品

2018  ​かわうそ新人賞                  入選(初出品

第95回春陽展 版画部              入選

MONSTER EXHIBITION IN 2018        入選 2018年7月21日(土)〜25日(水)​

第7回「ドローイングとは何か」展        入選 8月20日(月)~9月1日(土)

第6回東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2018 美術館賞 受賞 2018年10月27日(土)〜12月2日(日)

第7回FEI PRINT AWARD  一般部門        準大賞   受賞9月4日(火)〜16日(日)

第22回岡本太郎現代芸術賞            入選

一般社団法人日本美術家連盟 美術家のための支援事業2019  採択

一般財団法人ギオン芸術スポーツ振興財団 第二期奨学生   採択

”2019 國際藝術家大獎賽” ファイナリスト選出

2019  ”2019 春季當代沙龍展”  採択

SHIBUYA ART AWARDS 2019 入選

ASIAGRAPH 2019 in Tokyo  準入選

-シンポジウム/Symposium

2017 Challenge Art in Japan 2017 #TAMABI_HAKASE展 国際交流シンポジウム「美大と博士課程-作品と言葉- (駐日本国大韓民国大使館 韓国文化院)

-主な収蔵先/Public Collection

多摩美術大学 (Tama Art University)、多摩美術大学美術館(Tama Art University Museum)、Lipton​、一般財団法人守谷育英会 (Moritani Scholarship Foundation)

他、プライベートコレクション

-出版物/Publications

2014 日本版画協会画集(第82回)

第5回「ドローイングとは何か」展 図録

​2015 日本版画協会画集(第83回)

​2016 春陽展画集(第93回)

第6回「ドローイングとは何か」展 図録

日本版画協会画集(第84回)

2017 Ιαπωνικό Αφιέρωμα – Όψεις της Σύγχρονης Ιαπωνικής Χαρακτικής – Κύπρος 2017図録、キプロス

春陽展画集(第94回)

多摩美術研究 第6号(論文誌)

MONSTER EXHIBITION IN 2017 図録

第10回高知国際版画トリエンナーレ展 図録

日本版画協会画集(第85回)

2018 FACE展 損保ジャパン日本興亜美術賞展 図録

春陽展画集(第95回)

MONSTER EXHIBITION IN 2018 図録

第7回「ドローイングとは何か」展 図録

多摩美術研究 第7号(論文誌)

​第6回東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2018 図録

Average Art Magazine28, 11月号 2018、イギリス

Wotisart Magazine #20,   11月号 2018、イギリス

2019 Peripheral ARTeries, Biennial Edition 2019 イギリス

-メディア/Media

2019 ラジオ「みつくんの新鮮アーティスト!生絞り! 」Shibuya Cross-FM (主催:Office EVE)

SHOWROOM RYO KAJITANIイラスト制作イベントvol.1 (主催:HSDM株式会社) ▶特設ページ9月13日-23

 
論文ナビリンク
 

-Education (Studium)

2014 Graduated from Department of painting, printmaking Course of Tama Art University 

2016 Graduated from Tama Art University Master's Degree Course,Printmaking Course 

2019 Graduated from Doctoral Degree Course, Graduate School of Tama Art University (Ph.D.in Arts) 

-Solo Exhibition

2017 Ryo Kajitani Solo Exhibition/GALERIE SIMON (Tokyo)

2019 7th FEI Print Award Runner-Up: Ryo Kajitani/F.E.I Art Gallery (Yokohama)​

-Group Exhibition(include competition) (Gruppenausstellung)

2014 First Year In Master's Program Group Exhibition 「iki」/INOAC Ginza Namikidori Garelly(Tokyo)

82th Exhibition of Japan Print Association/TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM (Tokyo)

5th Exhibition of What is Drawing/GALERIE SIMON (Tokyo)

2015 Exhibition of two artists/Galleria Grafica Tokio (Tokyo)

WALK THE LINE/GALERIE SIMON (Tokyo)

SmallWorks2015/Galleria Grafica Tokio (Tokyo)

83th Exhibition of Japan Print Association/TOKYO METROPOLITANART MUSEUM (Tokyo)

Lipton 125th Anniversary TEA WAY ART COLLECTION/meiji jingu gaien,in front of Meiji Memorial Picture Gallery (Tokyo)

VOL.4 U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITION/Yokohama Red Brick Warehouse 1 (Tokyo)

AllJapan ArtSalon PaintingAward Exhibition/National Art Center (Tokyo)

2016 39th Five Tokyo Art Unviversities Graduation Exhibition/National Art Center (Tokyo)

"Line/break" Tama Art Univ Master Program Fine Aat Course Pintmaking Field Complete Exhibition/Promo arte project garelly (Tokyo)

93th Exhibition of shunyo/National Art Center (Tokyo)

6th Exhibition of What is Drawing

84th Exhibition of Japan Print Association

1st Exhibition of Tsurugaoka Art Collection/coccinelle garelly (Osaka)

41st Annual Exhibition of the Japan Society of Printmaking/Machida City Museum of Graphic Arts(Tokyo)

19th Exhibition of small works2016 by The alumni association of Tama Art Univ/Bunpodo garelly (Tokyo)

2017 Tokyo International Mini-Print Triennial in Sapporo -Triennial 2015 Traveling Exhibition-/JR Tower (Sapporo)

ArtBridge FAIR Vol.1/PROMO-ARTE Latin American Art Gallery (Tokyo)

26th AllJapan ArtSalon PaintingAward Exhibition

"Bessho-kou Spring Festival" co-organized 19th "ART·FES" Competitions /Miki City Horimitsu Art Museum (Hyogo)

94th Exhibition of shunyo

2nd Exhibition of Tsurugaoka Art Collection/BonheurKitchen-NagaiPark (Osaka)

1st Exhibition of "Midnight"/KURUKURU Global Hub (Shibuya)  

Views on contemporary Japanese Printmaking - Cyprus 2017/Hambis Printmaking Musiem (Cyprus) 

SmallWorks2017/Galleria Grafica Tokio (Tokyo)

MONSTER Exhibition 2017/Shibuya Hikarie 8F COURT (Shibuya)/Graduate School Study Incentive System
MONSTER Exhibition 2017 in NY/hpgrp GALLERY(NewYork)/Graduate School Study Incentive System2017

85th Exhibition of Japan Print Association

SHIBUYA AWARDS 2017/Tokyo Metro Shibuya Station,13,13a exit  of East Station(Tokyo)

OPEN NAGAYA OSAKA "sundry,Exhibits and secondhand book"/Tsumugi garelly (Osaka)

Challenge Art in Japan 2017 "#TAMABI_HAKASE" Exhibition International exchange symposium/Korean Cultural Center (Tokyo)

20th Exhibition of small works2017 by The alumni association of Tama Art Univ

2018  Kawauso  new face award2018/Ginza Kawauso Garelly(Tokyo)

FACE 2018: Sompo Japan Nipponkoa Art Award Exhibition/Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art (Tokyo)

Exhibition of two artists:CROSS OVER with PEDDY POT & Kajitani Ryo/Mirage Garelly Cafe (Cambodia)
Group exhibition Cross Over Vol.5/New Treasure Art Gallery(Yangon,Myanmar)

95th Exhibition of shunyo

Group exhibition "Cross Over Vol.6"/Instinc Singapore Art Gallery (Singapore)

Group exhibition "Ginza summer festival"/STAND GINZA/80 (Tokyo)

MONSTER Exhibition 2017

7th Exhibition of What is Drawing

7th FEI PRINT AWARD/FEI ART MUSEUM YOKOHAMA (Kanagawa)

6th Tokyo International Mini-Print Triennial 2018/Tama Art University Museum (Tokyo)

21th Charity Exhibition by The alumni association of Tama Art Univ/MITSUMURA GRAPHIC GALLERY (Tokyo)

2018 38th taipei international audio & art show/Sunworld Dynasty Hotel  (Taipei)

2019  The 22nd Exhibition of the Taro Okamoto Award for Contemporary Art/Taro Okamoto Museum of Art (Kanagawa)

Tama Art University Doctoral Program Graduation Exhibition 2019/Tama Art University Museum (Tokyo)

Contemporary Art Salon, Spring 2019/Auction Center Taipei (Taipei)

2019 International Artist Grand Prize Competition/Taipei World Trade Center Hall3 (Taipei)

-Awards,Scholarships (Preis und Stipendium)

2014 82th Exhibition of Japan Print Association Accepted in Part A

5th Exhibition of What is Drawing           Accepted

2015 83th Exhibition of Japan Print Association Accepted in Part A

VOL.4 U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITIONAccepted

25th AllJapan ArtSalon PaintingAward Exhibition Accepted/Award for Excellence

2016 93th Exhibition of shunyo                        Accepted in Part printmaking

6th Exhibition of What is Drawing    Accepted

84th Exhibition of Japan Print Association Accepted in Part A

ArtBridge FAIR Vol.1 Accepted/Judge prize (Recommendation by Kumata Yoshinori)

19th Exhibition of small works2016 by The alumni association of Tama Art Univ Challenge Award

26th AllJapan ArtSalon PaintingAward Exhibition Accepted

2017 Ιαπωνικό Αφιέρωμα – Όψεις της Σύγχρονης Ιαπωνικής Χαρακτικής – Κύπρος 2017(Views on contemporary Japanese Printmaking - Cyprus 2017) Adopted

"Bessho-kou Spring Festival" co-organized 19th "ART·FES" Competitions Accepted 

94th Exhibition of shunyo Accepted in Part printmaking Accepted
IKEBUKURO ART GATHERING IAG AWARDS 2017 Quasi Accepted

MONSTER EXHIBITION IN 2017             Accepted
THE 10TH KOCHI INTERNATIONAL TRIENNIAL EXHIBITION OF PRINTS Accepted

Tama Art University Alumni Association Scholarship 2017 adopted
85th Exhibition of Japan Print Association Accepted in Part A
SHIBUYA AWARDS 2017                        Accepted

Moritani Scholarship Foundation 25th special purpose grants Awarded

FACE 2018: Sompo Japan Nipponkoa Art Award Exhibition    Accepted

2018  Kawauso  new face award2018               Accepted

95th Exhibition of shunyo Accepted in Part printmaking Accepted

MONSTER EXHIBITION IN 2018              Accepted

7th Exhibition of What is Drawing    Accepted

6th Tokyo International Mini-Print Triennial 2018 Museum Awards Awarded

7th FEI ART International Print Award Semi Grand-Prix Awarded

The Taro Okamoto Award for Contemporary Art             Accepted

Japan Artists Association 2019th Artist grant Adopted

Gion Foundation 2nd Scholarship 2018         Adopted

Finalist for "2019 International Artist Grand Prize Competition"

2019  ”Contemporary Art Salon,  Spring 2019”   Adopted

SHIBUYA AWARDS 2019                           Accepted

ASIAGRAPH 2019 in Tokyo                       Runners-up

-SYMPOSIUM

2017 Challenge Art in Japan 2017 "#TAMABI_HAKASE" Exhibition International exchange symposium (Korean Cultural Center in Japan)

​-Publications

2014 82th Exhibition of Japan Print Association Catalog

5th Exhibition of What is Drawing Catalog

​2015 83th Exhibition of Japan Print Association Catalog

​2016 93th Exhibition of shunyo Catalog

6th Exhibition of What is Drawing Catalog

84th Exhibition of Japan Print Association Catalog

2017 Ιαπωνικό Αφιέρωμα – Όψεις της Σύγχρονης Ιαπωνικής Χαρακτικής – Κύπρος 2017 Catalog, Cyprus

94th Exhibition of shunyo Catalog

Tama Art Studies, 2017 (Fine Arts Bulletin)

MONSTER EXHIBITION IN 2017 Catalog

THE 10TH KOCHI INTERNATIONAL TRIENNIAL EXHIBITION OF PRINTS Catalog

85th Exhibition of Japan Print Association Catalog

2018 FACE 2018: Sompo Japan Nipponkoa Art Award Exhibition Catalog

95th Exhibition of shunyo Catalog

MONSTER EXHIBITION IN 2018 Catalog

7th Exhibition of What is Drawing Catalog

Tama Art Studies, 2018 (Fine Arts Bulletin)

The 6th Tokyo International Mini-Print Triennial 2018 Catalog

Featured in Average Art Magazine28, November 2018 edition, United Kingdom

Featured in Wotisart Magazine #20,   November 2018 edition, United Kingdom

2019 Peripheral ARTeries, Biennial Edition 2019, United Kingdom

 

-Media

2019 Radio "Mitsu Kun's fresh artist! Raw squeezing!" Shibuya Cross-FM

 

-研究の概観/Research ( 実践に基づく研究- Practice Based Research )

-2018年~

論文③『多摩美術研究 第8号(Tama Art Studies, 2019)』収録

(自作研究)お守り・護符・ギフトとしての作品制作

―贈与としての発生的色彩に意義づく素描と木版画の制作プロセスを辿って

―Self-directed research on creation of works such as amulets, talismans and gifts

- Following the process of creating woodprints as well as the sketchs hidding the importance of the generative colors as a donation -

-2017年~

論文②『多摩美術研究 第7号(Tama Art Studies, 2018)』収録

屋外展示空間における機能の概念的理解に関する試論的考察
―Lipton 125th Anniversary TEA WAY ART COLLECTION を事例として―
Tentative Assumption of functionality and conceptual understanding of outdoor exhibition space

- Lipton 125th Anniversary TEA WAY ART COLLECTION as an example -

-2016年~

論文①『多摩美術研究 第6号(Tama Art Studies, 2017)』収録

展示空間における作者・鑑賞者の相関と分類に関する試論的考察

―ハイデッガー著『芸術作品の根源』に基づく存在論を手掛かりとして―

Tentative Assumption about The Artist-Viewer Relationship and its Classification at Exhibition Space

- Based on Heidegger's “Der Ursprung des Kunstwerkes” Existence Interpretation as the Clue -

▶機関リポジトリ

​※書籍の取り寄せについてはお問い合わせください。→こちら

※分野によっては要旨はAbstractを指し、Summary(要約的まとめ)とは異なる。『多摩美術研究』は要旨をSummaryと位置付けるため、テキス

 トの大要を掲載。

 昨今、画廊を初めとする室内展示に、作者が常駐する場合が珍しくありません。本稿は、常駐が作品・鑑賞者・作者に与える影響を制作者の立場から確かめ、作者・鑑賞者の分析を試みます。その手掛かりをハイデッガーの著作『芸術作品の根源』及び各種展示実践に求めます。

 展示は、作品のみならず作者も社会的認知を得る機会であり、例えば対話が積極的に活用されますが、展示空間での対話は、ことの次第では展示営為の形骸化を誘発します。ではどうすれば、形骸化を避けつつ各位相を確保可能か。制作に携わる者として、現場に配慮しつつ作品・作者・鑑賞者の位相を整理・再配置します。
 先ず『芸術作品の根源』における芸術・芸術家・芸術作品の基礎的枠組みを把握します(図1)。この基本的図式は、星敏雄氏によって「芸術と芸術作品と芸術家の三角形(と一応恣意的にだが私的に命名しておくもの)」(1999)をはじめとして、既に言及された図式であることを断っておきます(1)

 (Nowadays, it is not uncommon for artists to live in indoor spaces of art galleries where they hold their exhibitions. This article is an attempt to analyze conversations between viewers that result from artists living in art galleries and its impact on the production-viewer-artist theoretical phase, in accordance with and based on Heidegger’s book “Der Ursprung des Kunstwerkes”.Although exhibitions provide not only an opportunity for artists to gain social recognition,but also to present their artwork, heated discussions often occur at the venue at the risk of the exhibition being canceled.

 Given the situation, how can one integrate these circumstances? One can keep in mind that it is not uncommon for artists to live in galleries while participating in the organization of the production-viewerartist phase and putting this rearrangement to the test.)

図1 ハイデッガーにおける芸術・芸術家・芸術作品の基本的概念布置とその相関

(Der Kuenstler ist der Ursprung des Werkes. Das Werk ist der Ursprung des Kuenstlers.)

頂点に配置する〈芸術(根源Ursprung)〉から双方へ降りる2本の矢印は、発現entspringen lassenする相互共同存在―すなわち〈芸術家Kunstlar〉〈芸術作品Kunstwerks〉を示す。

〈芸術家〉〈芸術作品〉の本質Wesenの由来Herkunftが〈芸術(根源)〉である。三つは何れも特定の場所に固定されず、外円を循環しながら統一される。

図1の循環Kreisgangが示す意味は二つ。一つは芸術(芸術作品・芸術家を含む)の多様性・多義性・柔軟性ゆえの循環。二つ目は、第一のものである芸術(とこれを頂点とする各項目)の堂々巡りに由来する解釈学的循環です(図1は一元把握に由来する芸術Kunstの静的了解を含意しません)。
ハイデッガーは、現に既に了解されている現実の、更なる堂々巡りを目指します。彼は芸術作品の根源を問うことが、芸術の本質Wesenへの問いに繋がると考えます。芸術家・芸術作品の由来Herkunftが芸術(根源Ursprung)ではなく、芸術・芸術家の〈本質の由来〉が根源です。芸術作品はそれ自体が、真理の性起する〈出来事〉であり、近代主観主義美学におけるような対象からではなく〈存在の現れ〉という視点から把握されます。
さて、図1には鑑賞者が見当たりません(2)。受容者中心の分析に注力した近代主観主義美学の克服の結果、芸術・芸術家・芸術作品に続くはずの、鑑賞者は排除されます。ここでハイデッガーは、鑑賞者に代わる新しい概念装置を布置します。ハイデッガーによれば、芸術作品は〈見守る者たちdie Bewahrenden〉を常に必要します。状況如何にかかわらず作品が放置される場合も、見守る者はその存在を待ち受けて(待機して)います。本稿は見守る者たちを既存の鑑賞者に代わる存在として布置します。
鑑賞者の追加によって作品の出来高や偉大さを他所に、あらゆる作品と鑑賞を巡る未踏の関係性を試論可能になります(3)。ここで図 1を基礎に、見守る者たちを仮借した鑑賞者と、近代主観主義美学に親和的な鑑賞者の追記を以って、更なる図式展開を試みます。判別のため、追記部分を色別に図示します(図 2参照)。鑑賞者の追加は、超克された近代主観主義美学への回帰を意図しません。足掛かりは依然としてハイデッガーを中心とする存在論的美学に依拠します。この比較検討は、各自の歩んだ狭義の芸術過程を歴史的に遡行するねらいを持ちます。
ここでは詳細を割愛しますが、鑑賞者の美的直観並びに作品の〈存在の仕方〉を簡潔に把握するために、同時代の哲学者ニコライ・ハルトマン(Nicolai Hartmann,1882-1950)提唱の、芸術に関する層構造モデルを接続しています(4)

(メモ:2018年6月1日本文修正)

図3 作者本位

 
 

図2 図 1+鑑賞者(以下、図は全て試論段階のもの)

 鑑賞者の追加によって、展示空間においてハイデッガーを中心とする存在論的美学を試論する準備が整います。
そのさい、鑑賞者を、便宜的に作者を主題とする〈作者本位〉、作品を主題とする〈作品本位〉の二通りに分類し、前者に非本来的な在り方を、後者に純粋にそれ自体の内に立つことの実践者足る、見守る者たちdie Bewahrendenを踏襲させます(図3・図4参照)。本来ハイデッガーは見守る者たちを近代的な鑑賞者に対峙させますが、本稿では対立を止揚する装置として再配置します。

青で彩色された部分が作者本位。近代主観主義美学の病理を踏襲します。作者(芸術家)との対話に徹して(人間主体の現実における)閉鎖関係を展開。また芸術作品〈芸術〉側面を捨象し〈作品〉という一面的事態に埋没します。

図4 作品本位

ハイデッガー的身体性を伴う。制作者本位(図 3)との比較から、作品本位に連動する有機的連関構造の規模的差異が視認できます。

 以上の2モデルを足掛かりに、画廊を中心とした小規模な展示空間と、そこににおける作品・作者・鑑賞者の4つを巡る影響関係や存在の位相を、幾つかの展示実践(室内・室外/個展・2人展・グループ展)を通じて確認します。この過程で展示空間の基本機能―壁・額・照明等の前後関係を考察し、作品を機能という存在性格から配慮する展示空間の構造を分析します。以上を通じて、広範な適応可能性と柔軟性を併せ持った〈作品が作品として配慮される最初の空間(Exhibition space as the first place where the work is considered as an artwork)〉の今日的な可能性を、鑑賞者と共に探ります。
この時、展示空間では作品や鑑賞者・作者の全てが、本研究の当事者、或いは根拠として躍動します。

  1. 星敏雄「ハイデッガーにおけるKunstの概念: 『芸術作品の根源』解読」二松學舍大學論集 第42号、1999.[https://nishogakusha.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=605&item_no=1&page_id=13&block_id=21、参照5,30(2016)] p.16,p.17,p18参照。直近では前田綾香氏の言及(2005)がある。「ハイデガーは他の美学者などとは立場を異にし、芸術と芸術家、芸術作品が同じ円周の上にあることを認め、いずれかに限定して留まることは避けている。三つを循環することKreisgangによって、それらをより根源的に問おうと試みているのである。」前田綾香「芸術作品における真理の生起:『芸術作品の根源』におけるハイデガーの芸術哲学」上智哲学誌 第17号、2005年3月31日刊行.[ http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/handle/123456789/121、参照 9,30(2016)] p.58 参照

  2. 星氏が読者(受容者)と表現するのが、本研究でいう鑑賞者に該当。「作者と作品(テクスト)と読者(受容者)という三角形は念頭にない。代わりにあるのは読者の代わりに芸術である。作者と作品と芸術の三角形である。」星、前掲論文 p.18参照

  3. 「作品の出来高や偉大さを他所に」する理由の一つは、本研究が作品や鑑賞者のレベルの主観的決定と無縁だからです。レベルを想定した立ち回りは忌避されねばなりません。端的に現象を参照します。

  4. ニコライ・ハルトマン(福田敬 訳)『美学』(作品社 2001年)ハルトマンは作品の内面を層構造に見立てる。図表は筆者の便宜的解釈。

multi Layered Structure of artwork by Nicolai Hartmann.※図は開発段階です。

-これまでの研究(2014~2016年 修士)

「展示空間における平面表現を中心とした芸術作品の本来性(Eigentlichkeit)を巡る、ハイデッガーの存在論的解釈を用いた今日的な再定義」

 芸術作品は、情報・科学技術の目覚ましく台頭する社会的喧騒の中で、にわかに居場所を失いつつあり、息を潜めるようにしています。このような状況を鑑みて〈作品が作品として初めて視線を浴びる処女的な場所〉(1)としての展示空間の担う役割に着目します。情報・科学技術連関による人間精神の非本来性-Uneigentlichkeitへの連れ去りの危機から、本来性-Eigentlichkeitへ引き戻すとされる芸術作品の効果は、展示空間に陳列されることによって、相補に存在性格を充実させます。

 筆者は、今日の画廊や美術館を中心とする展示空間は、故郷喪失を基本的単位とする芸術作品(特に平面作品、とりわけ版画が該当する)にとって、伝統的な良心として機能していると捉えています。

 以上を踏まえて、ハイデッガーにおけるPolis概念のミニマルモデルとして画廊・美術館を据え、此処で作品が作品として配慮される場所として成立するための、可能的条件を模索します。「展示空間・作品・作者・鑑賞者」4つの位相を明確にすることで、4つの前後関係が崩れ、機能不全を来たしつつある不遇な事態に向けて回復の手立てとなるよう思案しています。その際、展示の室内・室外/2人展・グループ展という展示性質の差異に着目し、現場での実践を通して展示の諸相を確認しています。

  1. 私が展示空間に持たせようとする機能性・場所性は、ハイデッガーの言うところの「存在するものをただそれがそれであるような存在するものであるようにすること〔sein lassen〕」マルティン・ハイデッガー(関口浩 訳)『芸術作品の根源』(平凡社ライブラリー 2002年) p.33 という言説に基づいています。

(メモ:6月24日本文微修正)
 

 "Work of art" has been losing its influence and disappearing from the scene during the hustle and bustle and unnoticed acceleration of society when information, science and technology are rising. In view of such social situation, attention has been drawn to the traditional and developing functions of the “exhibition space” acting as "the virgin place where work of art is initially gazed as work of art". With the force of awaking the  authenticity(Eigentlichkeit) of human beings from the inauthenticity (Uneigentlichkeit) of human spirit due to the embedded work by information, science, and technology, the work of art is able to play a complementary role only after being displayed in the exhibition space. 

 Since home loss has become the basic unit of today's work of art (two dimensional art, especially printmaking is applicable),

 the "exhibition space" represented by galleries and museums functions as a type of traditional conscience during the current.

 Based on the above, "galleries and museums" are settled as the minimum model of the polis concept of Heidegger, 

the establishment condition of the exhibition space as a <place where works can be fully considered as works> has been discussed. By clarifying the phases of "exhibition space, works, authors, and viewers", we hope this thought can be a recovery method of the current situation when the connection of the four phases are collapsing and the display function is also running off inconsequently. At that time, by focusing on the difference upon the nature of exhibition such as "indoor or outdoor / duo exhibition or group exhibition" and carefully observing the phenomena based on practice in the field, various aspects of the Exhibition are confirmed.

-立場/Standpoint

-自己意匠的表現による大衆を疎外した一部の芸術に関する文化状況について

 私は、個人主義台頭の今日において、自己証明的な表現(自分よがりの表現・自己意匠化的な表現)によって作品を鑑賞する人々を殊更に疎外するようなことがあってはならないと考えています。

 エリート向けの知性主義的、選民思想的な芸術表現等、そもそも理解されることを前提としない個人主義的な在り方の芸術作品が知識階級等一部の人々の間でのみ消費され、享受しようとする人々を疎外する一部の状況に対して、積極的に言葉を用いて血の通ったコミュニケーションの場を持ちたいと望んでいます。見る、見られる、という本源的な相互性を衰退させない為に、抽象表現をすることの意味内容を問い続け、またどのような抽象表現(この言葉にまつわる世間の認識にはまだまだぶれがあります。これは我が国の美術教育が、言葉にまつわる問題への認識の方法や重要性についてまで、言及しないことにも無理解が長い間放置されている一因があります)も、まず具体的な知覚を通して身体的に経験され、その後で(本当の意味で)抽象的な領域へと移行していくことを忘れずにいようと意志しています。以下は敬愛する壺井進二先生の著作「造形美術のほんものとは」に書かれた一文であり、私もこの立場に同調するものです。

“「一般に造形美術というものは、表現形式は色々あっても、究極的には、自然と人間及び人間と人間との深いかかわりあいを通してできるものであり、どんな抽象的な表現であっても、実際には具体的知覚を通じて、その内容を得なければならないと思うのである。いわんや、自我意識一点張りに抽象的に表現しても、それは一人相撲であって、第三者には何の感動も与えないし、第一、文化の担い手である「もの言わぬ大衆」はそっぽを向くだけである。」”

(「造形美術のほんものとは」 壺井進二 2003 株式会社フクイン 132~133頁)

-研究活動と日常生活との深い関係性について -机上の空論を退けるために

 フッサールが、『ヨーロッパ諸科学の危機と超越論的現象学』(1936年)において”生活世界”の概念を示してから80年(2016年現在)が経とうとしています。この概念は今日の学問状況に必要とされるヒントを大いに含んでいます。近代的な科学認識が、所与の客観的事実を覆い隠し、ヴェールの向こうへ押しやる奇妙な転回は、実のところ決して、すぐさま解決される類(たぐい)の課題ではありませんが、このことについて、制作を実践する立場から付言しておきたいと思います。
 既述の通り私は、展示空間における作品の行方について、伝統的な美学の枠組みを援用しながら紐解いていく試みをしています。ここで扱う美学の大まかな役割の一つには、私たちが日常生活でしばしば遭遇する「美的体験」や「美的事実」を、一つの体系的な知見から整理して、個々ばらばらで解釈不良の美的体験・美的事実らに、一定の文脈を与えて明文化することに役割の一端があります。ですから美学が対象とするモチーフの根底は、日常の私たちの感性や感覚などの感官にその役割があり、これ抜きでは美学一般は殆どありえません。
 私の活動にも上に同じことが言えます。展示空間を対象として、そこにおける現象をそれぞれ紐解いていくことが、にわかに形而上的な響きを帯びてきたとしても、ここで起きている出来事それ自体は、アトリエや展示空間において美術制作を実践する、或いは鑑賞する我々にとって親密な出来事であり、決して日常を全く離れて小難しい現実を扱っているのではありません。「展示空間・作品・作者・鑑賞者」という4つのモチーフは、私たちがよく見知っているものです。私たちがそれをよく知っているように、私もそれを知っています。私たちがそれを見るように、私もそれを見ます。そしてこれらを紐解いていくために重要なこととして強調しておきたいのは、私自身の知識や体系だけによってこれらが成り立つのではなく、むしろ自分以外の人々の、素朴な言葉や感想などによってこそ研究の全体が成立しているということです。壺井信二が、ものいわぬ大衆こそ芸術の享受者(主人公)であると言ったのは全く正しいことです。展示空間やそこにおける作品が、専門的な人々のためだけのものでないことは自明です。私にとって必要なのは専門性から離れて、自然とそこに存在する人々の、理屈抜きの武装解除した言動や振る舞いであり、それを抜きにしてしまったら、いよいよ本当に「机上の空論」しか描くことが出来なくなってしまいます。現に私の修士課程における試みは、自分以外の人々の言葉を十分に得ることをしなかったために、空虚な響きを呈しました。知の枠組みは、それ以外の人々との接点が不可欠です。とりわけ芸術の分野では、芸術が人間精神の根底に深く根差した性質のものである以上、自分と自分以外の人々との相互行為は不可欠です。どんな知識知性も、独りよがりであっては元も子もありません。私の研究を跡付けるのは、私自身の仕事でありつつも、日々の生活の中で出会った人々との共同作業と言えるものであり、決して空虚な理屈だけで自立性を獲得するものではない、ということを強調しておきたいと思います。

(メモ:12月29日本文修正)

 

-関係概念の非対象

 私は、日々身近な友人達に思いを巡らし、意図せず彼らを通して自分と遭遇しました。判明したのは、あらゆる意味で周囲の人々を知り得ぬということです。このことは、不可知な他者を通じて却って自身の内実は導き出される、不思議な導出関係も明らかにしました。友人達は、ともすれば多忙に消え入りそうな自分を非日常へ引き剥がし、私の縋りどころの無い現実へ精密なディテールと血液を与えました。そうして認識を明瞭にするにつれ、友人達は謎に満ちていきます。

 一方、彼、彼女が各々ヴェールの奥で存在を揺らすさまを通して、実存への巨視的な接し方を見出しつつあります。友人達は人間とどのように対して立つかという巨大な問いに、夫々に固有の人生と人格を以って諭すのでした。また人という存在の奥底に横たわる、人間生命の赤裸々な姿を皮膚感覚で示唆するのでした。彼、彼女は、日々、現れては隠れます。端的な(関係の)解消の意味でなく他者存在の宿命として、如何に身近な存在(とその声・言葉・表情・仕草)も、捉え難い儚さの彼方で瞬く間に摩耗してゆきます。実存とは、いつも消え入りそうな光の前でゆらゆらと揺れている影のようなものです。それが他者であり、この縋りどころの無さに、言葉も自身さえも、春の終わりに散る桜の如き宿命に立ち尽くすのでした。

 友人達を描く行為は、私にとってレヴィナス的不在への一種の抵抗と和解を成します。その時感じた印象を画布に留め置き定着した答えを残すこと。残された作品は人間のしるしとして、時間を越えて答えを提出し続けます。作品として残すことはそれ自体一つの歴史であり歴史的行為です。
 どんなに身近な友人についても、私は語るほどの何をも知りません。知った気持ちになれても、言葉にできることは殆どありません。むしろ親しくなればなる程、他者の不在を際立ったものにします。親しさとは、彼、彼女の「時間であるところの不在」の受諾、若しくは超克です。「不在」は、関係にとって副次的なものでなく、むしろ本来的要素として立ち上がってきます。不在は平易な虚無のしるしではなく、これこそ関係概念の本質であり、対象性の皆無を明確にしています。私にとって、友人それ自体は決して対象的存在ではありません。友人を描くことは、彼、彼女が素材、着想(モチーフ)となるその時限に限り、対象的存在としての性質を担うことでもありますが、この時の対象性は決してハイデッガー的Vorstellenへの措定を意味しません。誰かと対人することとは非対象的な運動です(1)

 制作実践による結末は、共に過ごした日々に聞いた言葉や事柄を通して、受肉した幾つかの事実を手綱にこれを未来(2)に投げかけること。この投げかけが、過去を乗り越えて現在に現れてきたとき、「それがなんであったのか」の追体験(或いは追創作-Nachschaffen)によって提供されます。絵画として描かれた友人は「対象的存在としての存在的倒錯」の峠を越え(克服して)将来へ挑みかかります。レヴィナスにおける「未来の地平における不在 p.92」「時間であるところのひとつの不在 p.92」を経て持ち寄った答えの再現(再算出)、それによって存在忘却に歯止めをかけることが、描かれた肖像の意味機能に他なりません。しかもこの再現は結局恣意的なものとして、作者さえ撤退した地平において、ついには彼、彼女の本質的な不在を証明するものとして現れるのです。

  1. 運動:相克、せめぎ合い
     

  2. レヴィナスは、「時間と他者」の中で、未来について以下のように語っています。

「未来とは、据えられないもの、われわれに不意に襲いかかり、われわれを捕えるものなのである。

未来とは、他者なのだ。未来との関係、それは他者との関係そのものである。単独の主体における

時間について語ること、純粋に個人的な持続について語ることは、われわれには不可能であるよう

に思われる。」(エマニュエル・レヴィナス(原田佳彦 訳)『時間と他者』(法政大学出版局) p.67)

(メモ:8月18日 修正)